「しおじりまちづくり交流会2014」@えんぱーくに参加

10321502_712488498837901_1685983315200829274_oしおじりまちづくり交流会2014

 

 

 

 

 

 

きょうは、「しおじりまちづくり交流会2014」本番、塩尻市市民交流センター(えんぱーく)で開催され、参加してきました。

 

JDネットワーク、えんぱーくらぶなど、「つながる」をテーマに、4団体の方を迎えてのパネルデスカッションは、「つながる」事のメリット・デメリット、今後の展望など、今後の活動につながるような、大変有益なお話をうかがう事ができました。

 

質問コーナーでは、思い切って、発達障害の成人にも、もっと目を向けてほしいという熱い思いを聞いていただきました。(若干熱くなりすぎたかな?と今頃になって、例のごとく心配になってきた私でした^^;)一言、一言うなずいて聞いていただき、時間はかかるかもしれないが、これから真剣に取り組もうとしている姿勢をおうかがいすることができて、少し安心できた時間でした。

 

それ以上に、発達障害について、真剣に学んでくださっている団体もあるのだと、その後のパネルごとの発表で知り、とても勇気づけられました。少しずつですが、塩尻は、かわりつつあるのだと、将来に希望が持てました。

 

ただ、JDDネットワークの担当者いわく「10年はかかると思っている」という言葉に、抱えている問題の大きさを感じてしまいました。でも、地道に少しずつ前へ進んでいくしかないのですね。せめて、10年後には、生きづらさがちょっとでも緩和されて、みんなが、当たり前に歩いている塩尻市の姿がみられたらいいなああ・・・・。

 

きょうは、はじめて、「うつリカバリ」の代表者の方や、キャリアカウンセラーの方と、短い間でしたが、言葉を交わせたのが、良かったです。

 

まだまだがんばらにゃ!

広告