耳栓で身を守る

聴覚過敏の人は当事者の間でよく見かけます。苦手な音は千差万別です。わたしの場合は女性や子どもの甲高い声がとても苦手です。

これは何度もfacebookで書かせてもらいました。さっそく次の日から、近隣の小学生女子高校生女子、および若い女性たちは、部屋の前を通り過ぎる時に、わざと甲高い声を出して聞かせるといういたずらや嫌がらせをするようになりました。

「障がい者差別解消法」が制定されるらしいというニュースがネットに流れるようになると、若い女性から怖い顔してぶつかってこられました。

 

異物を見るような目線を向けられるのは、いつもの通り。

”告知したら女性から陰湿ないじめをされるようになった”と独白していた人がいたので、障がい者は一様にこうした嫌がらせを受けているようです。

石をぶつけられた、バスからけり落とされたと嘆く障害もいました。

 

こうした嫌がらせのほとんどを耳栓をする事で気にならなくなりました。。。耳からの情報で、どれだけストレスを受けていたかがよくわかりました。

・・・あ、今現在、嫌がらせを受ける事はほとんどなくなりましたけどね^^

連日発達障害者講座が開催されるようになりました。おかあさんたち(?)が積極的に講座を開いてくれるようになりました。結果、かなり理解がひろまったと思います。

県内では、発達障害者専門医師や支援者らがかなり普及に励んでくれている効果も大きいかもしれませんね。

 

さて、かくいうわたしたち障害者は・・・・?

広告