ありがとうは魔法の言葉

「ありがとう」、「ごめんなさい」、

コミュニケーションが苦手で、うまく自分の気持ちを相手に伝えられないとしても、最低限度これだけのあいさつができれば、なんとか人間関係をつないでいけます。

「ありがとう」を笑顔で言われて怒る人は、よほどの事がない限りいません。

もちろん、気持のない「ありがとう」を言われても・・・とも思いますが、少なくとも不器用で、気が回らなくて、

不特定多数の人のようには、上手に立ち回れないわたしを、それでも黙った受け止めてくれるという事は、何にしてもありがたい事です。

なので、友達を作るのが下手という人ほど、笑顔でありがとうと言ってみたらいい。

ただし・・・・。

いっぱい周囲から受容されて、自己肯定感が少しだけ上がった状態の時でいいです。

それで少しだけ心に余裕が出てくると、がんばらなくても自然と「ありがとう」が、口からあふれてきます。

”自分のような人間に真剣に向き合ってくれる人がいる”

その事に気づいて、心から人が信じられるようになった時に、きっと自然に”ありがとう”が口から出てくるはず。

だから環境って大事だなとつくづく思います。

「失敗してもいいよ」

そう言ってくれる環境で、ゆったりと自分らしくいられるようになれる事が重要だと思います。

お互いに少しずつ歩み寄る事がほんとに必要です。

 

 

 

 

広告