”おまえが悪い”は嘘です

いじめる時のきまり文句”(いじめられる)おまえが悪いんだ。”、”(いじめられる)自分が悪い癖に!!”

 

これを何度も言われてしかと、無視、暴言、あからさまな悪口、これ聞こえよがしに話題で盛り上がり・・・など、いじめを受けた人多いと思います。

ためしに、「”おまえが悪い”ってどういう意味?」と、相手に聞いてみてください。

間違いなく返ってくる言葉はこれです。

「なんとでも言えば?」(?)

「自分が悪い癖に」(を繰り返す)

ようするに、答えられないんです。

明解な根拠があっていじめているわけではないという事です。

たまに苦し紛れに、「あんたの顔が嫌だ」とか言い出します。。。

 

まったくつじつまが合わない^^;

 

いじめる人が必ずいう言葉「おまえが悪い」は、「あんたは生きる資格がない」という価値観で、あなたをがんじがらめにして、最終的には”自殺”に追い込み、殺人ゲーム終了

としたいというのが、彼らの最終目的ですから、「おまえが悪い」という言葉をけしてうのみにしないでください。

 

逆にあなたは生きているだけで価値があるすばらしい人であり、愛されるために生まれてきたんです。

 

けして憎まれるために生まれたのではないという事だけはわかってください。

 

広告