時間差で”ごめんなさい”

707

パニック時や、怒りエネルギーでいっぱいになっている時は、周囲の声は一切耳に届きません。

言いたいだけ言って、暴れ騒ぎまくって、ようやく気持が晴れるのに、かかる時間は最低3日。

落ち着いてくると、今度は自分がしでかした事を次々思い出し、後悔とみじめさで奈落のどん底に突き落とされていきます。その時には人間関係はかなりぐちゃぐちゃの状態なのが見て取れるので、ますます気持は沈んでゆく・・・・。

ついに気持を持ちこたえられずに、おくればせながらの”ごめんなさい”

だけど後のまつりなのはご周知の通りです。

「今頃なんだ!もっと早く気づけ!!」

周囲はそう言っているようにしか思えないのです。

 

どんどん沈みゆく気持を底の方からすくい上げてくれ大きな手を感じる事があります。

わたしにとっては、そればイエス様でした。

「わたしも、あなたを罪にさだめない。元気でいなさい。もう二度と悪さをしてはいけないよ」

 

イエス様のこの言葉にどれだけ救われたかはかりしれません。

 

結局わたしは一人では生きていけないのだ、数々の失態はそれを教えてくれているのです・・・。

そして”祈り”こそが、わたしがなすべき最大の悔い改めの方法であり、神さまに ぼろぼろの心と魂をすくい上げていただける最高のツールだと知ります。

 

わたしは、あと何回こんなどうしようもない事を繰り返すんでしょうねええ・・・。

 

 

 

広告