発達障害者は誤解を受けやすい(T_T)

発達障害者に多い特性:

・・・・なんでも思っている事を口にしてしまう

この特性ゆえに往々にして誤解を受けやすいのが悲しいところです。

・・・『自慢してんだろう』とか

・・・『ばかにしてんのか!』とか

・・・・『傲慢だ』とか・・・。

これ、必ず一回は言われます。

いいえ・・・。

自慢しているのではありません!

ほんとうにあった事、自分が言われたことをそのまま伝えただだけです哀

もう一つの特性:

・・・・思いこみ

『おまえ自慢してんだろう』と言われると、

そのまんま”言葉という情報”を全身で受け止めてしまうので、

実際はそうでないのに「ああ、わたしは自慢しているんだ・・・」と、誤った感覚を自分にすり込んでしまう・・・。

これはとてもつらいです・・。

かの発達障害を公開したタレントさんも、同じ苦しみを体験したらしい事、そのために激しいいじめにあった事を自著の中で告白していたようです。

もし今同じ苦しみの中にあなたがあるなら、

覚えていてください。

それでもあなたは愛されているんだよ・・・。

少なくとも神様は隣にいてくれているんだよ・・・。

あなたは一人じゃないよ・・・・。

あなたはあなたのままでいいんだよ・・・。

あなたはとてもすばらしい人だよ・・・。

だから、こんな小さな人間をも生かされている事を喜んで、
感謝して、そして・・・。

堂々と前を向いて生きていこうよ。

広告