発達期のセロトニン療法、自閉症マウスで社会性を改善 | 財経新聞

発達障害の一つである自閉症は、コミュニケーションが苦手、社会的相互作用が成り立ちにくいといった「社会性の障害」や、反復的行為や一つのことへのこだわりといった「脅迫的な行動様式」を主な症状とする。

情報源: 発達期のセロトニン療法、自閉症マウスで社会性を改善 | 財経新聞

広告